除菌消臭水「スパクロウォーター」

臭いの元から直接分解

一般的な消臭剤との違い

現在ドラッグストアなどで見かける市販の「消臭剤」の多くは、臭いを消しているわけではありません。空気中に漂う臭いの成分・粒子を、消臭微粒子が包み込み、無効化しているだけなのです。それだけでは効果が弱いため、香料を加え消臭効果を生み出しているのです。
無効化した臭い成分は分解されていませんので、香料などの添加物とともに床や壁にそのまま残ってしまっているのです。
スパクロウォーターは臭いの成分・粒子と結びつくと、化学反応を起こし臭いの成分・粒子を元から分解します。香料などの添加物を一切使用していないので、分解後は無害な99.9%の水と微量の塩素成分だけが残ります。スパクロウォーターの消臭イメージ

臭いに効く本物の「消臭力」

代表的な臭い成分表スパクロウォーターを対象空間に噴霧したり、空間の空気を循環してスパクロウォーターに作用させることで、空間の様々な臭いを除去します。右表、何れの臭い成分に対しても除去効果があります。

霧化器噴霧によるトリメチルアミンの除去効果
ハンドソープで手・指洗浄後、 スパクロウォーター(200mg/ℓ)/水で30秒すすいだ場合の生菌数(%)試験機関

財団法人 日本食品分析センター

試験概要

対象ガスを添加した空間(約1㎥)に霧化器にて検体を噴霧し経過時間ごとにガス濃度を測定。
検体/スパクロウォーター50mg/ℓ
霧化器/超音波式霧化器
温度/室温